酵素の副作用と効果・効能

酵素の副作用と効果・効能

酵素の副作用と効果・効能

 

酵素とは

 

酵素とは、人の生体活動に必要な成分で、
消化、吸収、輸送、代謝、排泄などを行う上で必要不可欠であり、
人体内の化学反応に対して触媒として機能する栄養素です。

 

 

酵素は体内で合成される特殊なタンパク質であり、
人体は約5000種類以上の酵素の働きで、生命活動が維持されています。

 

 

また、体内酵素の中のうち約3000種類は、腸内細菌が生産しています。

 

 

酵素は大きく分類すると、消化酵素、代謝酵素、
食物酵素、腸内細菌酵素、SOD酵素の5種類に分けられます。

 

 

酵素は元々、全ての生き物や植物に存在している物質です。

 

 

この酵素は、生命活動を維持するために常に消費されている成分で、
体内から無くなると、人は生命活動を維持できず死んでしまいます。

 

 

また、一生の間に作り出される体内酵素の量は、遺伝子によって決められています。

 

詳しくは、「酵素とは」へ

 

 

酵素の副作用

 

酵素には副作用があるのでしょうか?

 

 

酵素は元々、生物や植物に存在している物質で、
人間の体内には数千種類もの酵素が存在しています。

 

 

また、酵素を摂取する場合、加熱していない野菜や果物、生魚等、
自然のものを自然のままで摂取する必要があります。

 

 

そのため、食物アレルギーの方以外は、基本的に酵素では副作用はありません。

 

 

ただし、好転反応と言われる体調変化が起こる場合があります。

 

詳しくは「酵素の副作用」へ

 

 

酵素の効果・効能

 

酵素を摂取することで様々な効果効能を得ることができます。

 

・ダイエット
・腸内環境の改善
・免疫力向上
・アンチエイジング
・下痢、便秘解消
・美肌
・自律神経の調整
・ホルモンバランスの調整
・肝臓や体内の老廃物や毒素の解毒
・怪我や傷、体内細胞の修復
・冷え性の改善
・活性酸素の除去

 

詳しくは、「酵素の効果・効能」へ