酵素の飲み方はどうすればいいの

酵素の飲み方

酵素飲み方には、特に決まりはなく、いつでも自由に摂取することができます。

 

 

しかし、効率よく酵素の効果を得たいのであれば、
酵素の飲み方が重要なポイントになります。

 

 

◆毎日少しずつ、長く摂取する

 

酵素は、生命活動に必要な成分で、
消化、吸収、輸送、代謝、排泄などを行う上で必要不可欠であり、
人体内の化学反応に対して触媒となる栄養素です。

 

つまり、酵素は毎日体内で少しずつ使われていきます。

 

しかし、一生の間に作り出される
体内酵素の量は、遺伝子によって決められています。

 

この限りある体内酵素を「潜在酵素」といいます。

 

この潜在酵素は限りがあるため、
食べ物から補給しないと徐々に減り続け、
体内で酵素が不足状態になります。

 

そのため、酵素は毎日摂取しなければなりません。

 

また、酵素は一度に大量に摂るよりも、
毎日少しずつ飲む習慣をつけることが大切です。

 

 

◆酵素の飲むタイミング

 

酵素の飲み方で重要なのは、酵素を飲むタイミングです。

 

消化を助ける場合、「食事の前に飲む」という飲み方がポイントです。

 

酵素は食物の消化を助ける働きがありますから、
その後に食事を摂ることで、消化を助けることができます。

 

食事の前の空腹の状態の方が
酵素を摂取した時に成分の吸収が早くなります。

 

特に、食事量が多い昼食や夕食の前に摂取しましょう。

 

また、1回の食事量が多い場合や、
食事時間が長引く場合には、食事の合間にも摂取するようにしましょう。

 

 

また、ダイエットをしたい場合も、食前に飲むのがおすすめです。

 

食前に酵素を摂取することで、
消化・分解・吸収・代謝の機能が正常に行われ
効率よくエネルギーが体で使うことができます。

 

 

◆酵素の飲む方タイミング

 

(食前)
食事の消化・吸収・代謝・排泄をスムーズにする。

 

(食後)
胃が弱い方は胃腸の調子を整えます。

 

(朝)
エネルギーサイクルの活発化により、
一日を活力的に過ごせます。

 

(就寝前)
二日酔い防止や、疲労回復、
朝の目覚めをよくする。