酵素で免疫がを向上

酵素と免疫力

酵素免疫力のアップに効果があります。

 

 

そもそも生物には病気やケガを治そうとする力、
すなわち、免疫力が備わっています。

 

 

免疫力とは、ウイルスなどの病原菌を
体外には排出する自己防衛本能のことです。

 

 

この免疫力が低下すると、病気や怪我が治りにくくなってしまいます。

 

 

特に免疫力で重要な部分が「腸」なのです。

 

 

消化、吸収を行う腸内には、食べ物と一緒に有害物質が入ってくるため、
腸内の周りには体内の免疫機能の約7割が集中しており、
体をウイルス等から守ってくれているのです。

 

 

そのため、腸が汚れると免疫力が大幅に低下し、
病気になりやすくなると言われています。

 

 

そこで、腸内をキレイにするために「善玉菌」が必要となります。

 

 

腸内には、約300種類で100兆個の、
重さにして1キログラムの細菌が住んでいるといわれています。

 

 

これらの腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つに分類され
善玉菌、悪玉菌、日和見菌の比率は、20:10:70といわれています。

 

 

日和見菌は、一番多いのですが、普段は中立の立場をとっています。

 

 

しかし、腸内において善玉菌が優位に立つと、
日和見菌は善玉菌として整腸に役立つように働いてくれるのですが、
悪玉菌が優位に立ってしまうと、悪玉菌と共に悪影響を及ぼします。

 

腸内環境を良好に保ち、免疫力を高い状態にしておくには、
善玉菌がカギを握っているのです。

 

 

この善玉菌を増やすためには、
酵素が特に効果的であるとして注目されています。

 

 

酵素は、植物性の発酵食品であり、
特に腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑え、
体内の「消化、吸収、燃焼、排泄」の働きを活性化してくれます。

 

 

そうすることで、腸内環境が改善され、
免疫力の元となる免疫細胞が活性化され、
結果として、免疫力がアップします。

 

 

特に、腸内の免疫力のアップは、
大腸がんの予防、花粉症・アレルギー・アトピーの改善など
重要な現代病に深く関わっています。

 

 

免疫力が低いと思われる人は、積極的に酵素を摂るようにしてみましょう。