酵素と高血圧

酵素と高血圧

酵素高血圧の予防や改善に効果が期待されています。

 

 

酵素は、消化や吸収などの体内のの新陳代謝、血液の循環などに関わっています。

 

 

特に、酵素の血液循環の効果が高血圧に良いとされています。

 

 

高血圧の状態とは、血管内の血管壁にかかる血液の圧力が高いことをいいます。

 

 

現在の高血圧の基準は、最高血圧が140mmHg以上、
最低血圧が90mmHg以上とされています。

 

 

ひと口に高血圧といっても、原因がはっきりしている「二次性高血圧」と、
原因がよくわからない「本態性高血圧」の2種類あります。

 

 

二次性高血圧は、腎臓、心臓、血管、内分泌系の異常などが原因で起こる高血圧で、
これは、異常となる原因が解消すれば、治る高血圧とされています。

 

 

反対に、原因が不明の高血圧を、本態性高血圧といい、
特に日本人に多く、高血圧の全体の80〜90%ほどにもなります。

 

 

本態性高血圧、遺伝的要因が大きく関わっており、
生活習慣やストレス、運動不足などの後発的な要因も関係しています。

 

 

高血圧の状態がひどくなると、重大な病気につながります。

 

 

@脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)
A心疾患(心筋梗塞、狭心症など)
B慢性腎臓病

 

 

高血圧を改善するためには、血液成分自体を良質に保ち、
スムーズに血液循環がされるような体質になる必要があります。

 

 

酵素には、高血圧の改善や予防に必要な、血液循環をスムーズにしてくれる効果があります。

 

 

 

酵素を摂取することで、体内の消化酵素が増加します。

 

 

消化酵素は、成分が悪化したドロドロの血液に働きかけ、
流れの良いサラサラの血液の状態に改善してくれます。

 

 

また、カリウムやマグネシウム、カルシウムといった
高血圧の改善や予防に必要なミネラルが豊富に含まれています。

 

 

それ以外でも、酵素は代謝の促進に効果が期待できるため、ダイエットにも役立ちます。

 

 

ダイエットすることで、中性脂肪やコレステロール値の改善など、
直接的に高血圧の原因を改善することもできます。